教育 保育 

  

仕事と生活について

マジックでおえかき

育児と仕事を両立したいと考えている女性は確実に増えています。預ける場所さえあったら妊娠しても働き続けたいと考える人も多いのです。 妊娠、出産を経て働く女性にとっての、問題はこどもの預け場所となります。最近のニュースでも、保育園などに入りたくても入ることができない待機児童が多くいることがわかります。 企業内保育は最近増えつつあります。企業にとっては、貴重な戦力である子育て中の社員を手放すリスクも減ります。しかし、現状は企業内保育を導入している企業がまだまだ少なく、資金不足などから、あっても運営がうまくいっていないところもあるのが現状です。預けて安心するのではなく、保育の内容がどうなのかも知っておく必要があるでしょう。

企業内保育の最大のメリットは、育児中の女性が安心して働くことができるということでしょう。こどもと一緒に出勤でき、仕事が終わるとそのままお迎えもできるというのも魅力です。しかし、勤務地が自宅から遠いとなると、こども連れでは大変なこともあります。だから、企業内保育を利用する家族は、勤務地から近い自宅を選ぶとより、働く女性の負担も少なくなるでしょう。 企業内保育は、女性の多い職場にあるのも特徴です。とくに病院内の設置が多いのも現状です。これから就職活動を行う人は、そんなところにも注目してみましょう。 こどもが、急に熱を出したとか、震災にあってもこどもと近くにいることで、迎えにいきやすいというのも魅力のひとつです。